転送量を知らせてくれるソフト



OCNのプロバイダーを使用しているのですが、先日、自分で作ったハイビジョン映像を、複数人に送信したところ、OCNから警告が来ました。

OCNでは、1日のデータ送信量が30GBを超えてしまうとダメみたいです。

OCNの詳細ページはこちらから。

制限されているのは、データの送信(アップロード)のみで、受信(ダウンロード)は、無制限のようです。

「次から気を付けてください」と言われてしまいました…(T_T)

調べてみたところ、他のプロバイダーでも同じような送信量の制限があるようです。

そこでプロバイダーの制限内に送信量を抑えるために、

送信量を計測し、ある一定量の送信を行った場合に、警告が出るフリーウェアを探してみました。

今回、発見したのは、「NetWorx」というソフト。

これを使えば、データ送信量が超過しそうな日は、少し控えることができそうです。

ファイル共有ソフトなどを使用していて、プロバイダーから警告を受けそうな方にもお勧めです。

【機能概要】

データの転送量を計測し、グラフ化してくれます。設定した転送量を超える場合に、警告を表示することができます。

【ダウンロード】

ソフトウェアのダウンロードはこちらから。英語なので、分かりずらいかも知れませんが、画像の「Download」をクリックするとダウンロードが開始されます。

【インストール】

ダウンロードした「networx_setup.exe」をダブルクリックして、インストールします。

【使い方】(1日で送信量20GBを超えたときに警告通知)

今回は、OCNの制限しているデータ送信量30GB(1日)を超えないようにするために、余裕をもって20GB以上の送信があった場合に警告を表示するように設定してみます。

まず最初に、タスクバーにあるNetWorxのアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。

次に、「通信設定」タブを開きます。

ここで、「通知を有効にする」にチェックマークを入れます。

「通信条件」の「送信量が設定値以上」を選択し、「設定値」は20GBで、「時間」は1日にしたいので、24時間にしました。

これで1日に20GB以上の送信があった場合に、警告が表示されます。

警告には、以下のような画面が表示されます。

実際に20GBも転送するのは大変…というより、私がまた危ないので、下の例は1MBに設定して表示させてみました(笑)

24時間以内に1MBを超える(1.28MBの)送信がありましたという通知です。

そして、そのあとに簡易的なグラフも表示されます。

【関連サイト】

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090926_networx/