Arras Themeでコメントを非表示にする



WordPressのテーマ「Arras Theme」を使用した場合に、コメントを表示させないにする方法をご紹介します。コメントを受け付ける必要のない場合は参考までに。

「No Comments」、「Leave a Reply」を消す

各投稿に表示される「No Comments」や「Leave a Reply」などの項目を消すことができます。

コメントを受け付ける必要がない場合は、非表示にしちゃいましょう。

【手順】

wp-content/themes/arras-theme/の中にあるcomments.phpを開き、

元々記述されている全てのコードを消した後、下記のコードをペーストして保存。

あとはアップロードするだけです。

▼「comments.php」を書き換えた後のコード

<?php
if ( !empty($_SERVER['SCRIPT_FILENAME']) && 'comments.php' == basename($_SERVER['SCRIPT_FILENAME']) )
die( __('Please do not load this page directly. Thanks!', 'arras') );
if ( post_password_required() ) {
_e('<p class="nocomments">This post is password protected. Enter the password to view comments.</p>', 'arras');
return;
}
?>
<?php if ( have_comments() ) : ?>
<?php if ( !empty($comments_by_type['comment']) ) : ?>

<ol id="commentlist" class="clearfix">
<?php wp_list_comments('type=comment&callback=arras_list_comments'); ?>
</ol>
<div class="comments-navigation clearfix">
<div class="floatleft"><?php previous_comments_link( __('&laquo; View Older', 'arras') ) ?></div>
<div class="floatright"><?php next_comments_link( __('View Newer &raquo;', 'arras') ) ?></div>
</div>
<?php endif; ?>

<?php if ( !empty($comments_by_type['pings']) ) : ?>
<h4 class="module-title"><?php _e('Trackbacks / Pings', 'arras') ?></h4>
<ol class="pingbacks"><?php wp_list_comments('type=pings&callback=arras_list_trackbacks'); ?></ol>
<?php endif; ?>

<?php else: ?>
<?php if ('open' == $post->comment_status) : ?>

<?php endif ?>
<?php endif; ?>

<?php if ('closed' == $post->comment_status) : ?>

<?php else: ?>
<div id="respond">

<!-- end #commentsform --></div>
<?php endif ?>

「コメントはまだありません」を消す

「コメントはまだありません」は、カテゴリーの「Archive」の一覧に表示される他、トップページの「Featured Posts」か「News Posts」を「Per Line」表示したときに表示されています。

コメントを受け付けていない状態では、表示している意味はないので、消してみましょう。

【手順】

wp-content/themes/arras-theme/css/styles/の中にあるdefault.css

.posts-line .entry-comments    { float: right; font-size: 11px; color: #848485; }

.posts-line .entry-comments    { float: right; font-size: 0px; color: #848485; }

に書き換えます。

少々、このやり方は邪道かも知れませんが、表示されなくなります。