Arras Themeで文字コードを記述する



Arras Themeでは、プログラミング言語などの文字コードを表示するCSSが用意されています。

たとえば、下記のような表示方法です。

▼ 文字コード表示例

<html>

<title>sample page</title>

<body>

contents

</body>

</html>

このような表示を行うためには、WordPressで投稿をする際に、テキスト入力欄の「ビジュアル」タブを「HTML」タブに切り替えて、コードとして表示したい文書を「<pre><code>文書</code></pre>」で挟みます。

たとえば、上記の文字コード表示例は、「HTML」タブを使用し、以下のようなソースで記述されています。


<pre><code>
&lt;html&gt;

&lt;title&gt;sample page&lt;/title&gt;

&lt;body&gt;

contents

&lt;/body&gt;

&lt;/html&gt;
</code></pre>

改行なども行われることなく、綺麗に表示できるので、文字コードを掲載したいときには最適です。