DVDプレスとDVDコピーの違い



DVDプレスとDVDコピーの違いですが、DVDコピーされたDVDは、DVDプレスされたディスクに比べて反射率が低いため、再生機器によっては正常に読み込まれないという不具合が、稀に発生する場合があります。

耐久性に関しても、DVDコピーは、熱処理でデータを焼きこんでいるため、記録面に熱が加わった場合に弱いと言われています。

たとえば、長時間、日光に照らされているような悪環境下に放置しておくと、データが読み取れなくなることがあります。

生産ロットは、一般的にDVDコピーが50~200枚程度、それを超える1000~2000枚程度の場合は、プレスの方が料金的にお買い得です。

コピーの場合は、国内、プレスの場合は、国外が多いので、一般的にコピーの方が早く仕上がります。

もちろん、プレスも国内で行えますが、かなり割高になります。

DVDコピー DVDプレス
再生機器との相性
耐久性
ロット数(一般) 50~200枚程度 1000枚~
納期(一般) 早い(国内だから)

※最短翌日

遅い(国外だから)

※最短数週間