<small>***</small> 文字を相対的に小さくする



<small>***</small>を使用すると、間に挟まれた文書(***)が、他の文字に比べて大きくなります。

▼HTMLとXHTMLでの記述例

HTML <small>***</small>
XHTML HTMLと同じ

<small>***</small>を使用すると、他の文字よりも大きく表示されるようになりますが、表示される大きさを指定しているわけでないので、実際にどれくらいの文字の大きさで表示されるかは、ブラウザやホームページの環境により異なります。

<small>***</small>の効果とは逆に、相対的に大きく表示させるものとして、<big>***</big>というタグも存在します。

▼使用例 >>下記のサンプルをブラウザで表示する

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>ページタイトル</title>
</head>

<body>

標準的な文字の大きさ<br />
<big>相対的に大きな文字</big><br />
<small>相対的に小さな文字</small><br />

</body>

</html>

▼上記のサンプルの表示例(ブラウザ:Mozilla Firefox バージョン3.6.3)

▼上記のサンプルの表示例(ブラウザ:Internet Explorer 8)