ホワイトバランス



ホワイトバランスとは、撮影する環境下で、

白の色を白に見せるために、カメラに記録される白色を補正する機能。

白い色のもの(コピー用紙などに使われる白い紙などで良い)をカメラに写し、

カメラのホワイトバランスの機能を使用して、

カメラにその環境化での白色を覚えさせることができます。

その設定をすることを「ホワイトバランスを取る」といいます。

ホワイトバランスを取る前とその後の画像です。

写真の左側(Before)は、白熱灯の光のしたで、

ホワイトバランスの設定をせずに、適当に撮影したものです。

白熱灯のオレンジがかった色の影響を受けて、

全体的にオレンジがかった画になりました。

写真の右側(After)は、ホワイトバランスを取って撮影しました。

白い色が白い色として、しっかり記録されています。

このように、ホワイトバランスを取ることで、

撮影環境下での白を設定できます。

作品の演出のために、わざとホワイトバランスをずらして、

本来の白であるものを白でない色に設定して撮影する場合もあります。