WordPressにページングの機能を付ける



今日は、最近使い始めたWordPressにページング機能を付けてみました。

ページング機能の追加に必要なプラグイン「WP-PageNavi」のインストールと使用方法を説明します。

現在、使用しているテーマは、Arras Themeですが、

初期設定では、古い記事は「Older Entries」をクリックして見ることになります。

記事数が増えたときには、ページごとにめくれた方が便利かなと思います。

ページング機能の追加には、「WP-PageNavi」というプラグインを使用します。

WordPressの管理画面にログインした後、「プラグイン」の「新規追加」をクリックすると、

検索窓が出てきますので、「WP-PageNavi」で検索します。

出てきた「WP-PageNavi」をクリックすると、ダウンロードできるページに移動しますので、

「Download」をクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードされた「wp-pagenavi.2.72.zip」というzipファイルを解答して出てきた「wp-pagenavi」というフォルダを、

/wp-content/plugins/」フォルダの下にアップロードします。

次に、wp-content/themes/your-theme-name/footer.phpを開いて、
ソースコードのどこでもいいので、<?php wp_pagenavi(); ?>を追加します。

ソースコードの追加例

</div><!-- #main -->

<?php arras_before_footer() ?>

<div id="footer">
<ul id="footer-sidebar">
<?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar('Footer') ) : ?>
<li></li>
<?php endif; ?>
</ul>

<div>
<p><a href="http://masome.net/?page_id=2"><strong><?php _e('About masome.net', 'arras') ?></strong></a></p>
<?php echo stripslashes(arras_get_option('footer_message')); ?>
</div><!-- .footer-message -->
</div>

<?php wp_footer() ?>
<?php arras_footer() ?>

</div><!-- #wrapper -->
<?php wp_pagenavi(); ?>
</body>
</html>

そして、インストールされている「プラグイン」の「インストール済み」をクリックして、「WP-PageNavi」の「使用する」ボタンをクリックします。

これでインストールは完了です。

今回は、ページングのボタンまでスクロールが長くならないようにするために、

「設定」の「表示設定」の項目で「1ページに表示する最大投稿数」を「5件」にしてみました。

以上でWP-PageNaviのインストールは完了です!