<br /> 改行する



<br />タグは、改行させたいときに使います。

▼HTMLとXHTMLでの記述例

HTML <br >
XHTML <br />

一般的なタグと違い、開始タグと終了タグで文書を挟むのではなく、単独で機能を果たします。 改行させたい部分に、<br />を記述すれば、その場所で改行されます。 指定できる属性は、clear属性と共通属性です。

▼使用できる属性名と属性値

属性 解説
clear none 通常の改行を行う。

※clear属性を使用しないときと同じ。

(例) <br clear=”none” />

all 画像・表等がどの位置にあるかに関わらず、文書の回り込みを解除する。

※文書・画像・表等の下に改行を行う。

※この属性値(all)だけ覚えておけば、他の属性値(none,left,right)は使用する必要はない。

(例) <br clear=”all” />

left 画像・表等が左側にあるとき、文書の回り込みを解除する。

(例) <br clear=”left” />

right 画像・表等が右側にあるとき、文書の回り込みを解除する。
(例) <br clear=”right” />
共通属性 class, title, style, id

▼使用例 >>下記のサンプルをブラウザで表示する

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>ページタイトル</title>
</head>

<body>

改行させたいところに改行タグを記述します。<br />← ここで改行します。<br /><br />

<img src="photo_sakura.jpg" align="left" />

画像への文書の回りこみを解除しなかった場合

<br clear="all" />

画像への文書の回りこみを解除した場合

</body>

</html>