水平アングル -アイレベル、目高(めだか)-



だいたい目線くらいの位置から撮影する撮影方法。自然なイメージ、公正なイメージを演出する。映像として観ていて一番安心感のあるアングル。