ウェブページの通貨表示を変換するアドオン



通貨単位を日本円に変換してくれるツール

海外の通販サイトで商品を探している時、表示されている金額はその国の通貨単位になっています。

購入するときは日本円に換算したくなるものですが、一回一回、為替サイトなどでレートを調べて変換するのはとても面倒です。

何か良い方法がないかと調べてみると、Firefox(ブラウザ)向けのアドオンで、とても便利なものがありました。

アドオンの名前は、「ConvertMyCurrency」。

自動的に新しい為替レートで通貨単位を変換してくれます。

自動的に通貨単位を変換

「ConvertMyCurrency」のインストールと初期設定

まずはウェブサイトより「ConvertMyCurrency」をダウンロードし、インストールしてみましょう。

「Add to Firefox」をクリックするとダウンロードとインストールが始まります。

インストールが終わると、Firefoxの再起動を求められますので、再起動します。

次にConvertMyCurrencyの設定をします。

ここでは他国の通貨単位を日本円に変換する設定をしてみます。

最初に表示されるのは、アドオンをインストールしてくれてありがとう!という内容です。

「次へ」をクリックして進みます。

どの種類の通貨単位に変換したいかを尋ねられます。

最初に出てくるリストには日本円は表示されていないので、「Show all currencies」をクリックして、

その他の国の通貨を表示します。

たくさん出てきました。

真ん中辺までスクロールすると日本円があります。

「Japan」をクリックして選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

以上で、他国の価格表示を日本円表示にする設定は完了です。

「完了」をクリックします。

最後に表示設定を行います。

日本円表示の設定をする

Firefoxのメニューバーの「ツール」より「ViewMyCurrency」→「Convert to JPY」をクリックすると、

自動的に価格表示が日本円になります。

元に戻したいときは、ここの設定を任意でON/OFFできます。

自動的に通貨単位を変換