円高の内に個人輸入 -撮影機材-



今日(2012年5月19日)は、1米ドル=79円です。

ちょうど欲しいビデオカメラがあったので、価格を調べてみました。今回、購入を検討しているビデオカメラはCanonのXF300です。

価格.comに掲載されている日本の最安価格を調べてみると、本体価格のみで569,000円

次にアメリカのB & Hという撮影機材屋さんの価格を調べてみたところ、474,025 円(5,995ドル)。

とっても安いです。なんと差額は94,975円!円高で苦しんでいる方も多いのだと思いますが、

このようなケースでは、円高万歳ですね。

日米の価格を比較してみます。

差額が94,975円もあるので、XF300用のアクセサリーも一緒に購入してみようと思います。

まずは、日本とアメリカ(B & H)でのアクセサリーの価格を比較してみます。

Canonのサイトで紹介されている「おすすめアクセサリー」に掲載されているアクセサリーの値段をB & Hで調べ、

日本の価格と比較してみました。

日本 アメリカ(B & H)
バッテリーパック 

BP-975

24,278円 

価格.com

18,093円 

(229.00ドル)

コンパクトパワーアダプター 

CA-930

11,063円 

Amazon.co.jp

10,232円 

(129.50ドル)

DCケーブル 

DC-930

1,420円 

ヨドバシカメラ

2,366円 

(29.95ドル)

ワイドアタッチメント 

WA-H82

57,750円 

価格.com

45,822円 

(579.95ドル)

三脚ベース 

TB-1

2,580円 

SYSTEM5

2,761円 

(34.95ドル)

 

どういうわけか、安い小物に関しては、日本で購入した方が若干安い場合があるみたいです。

いずれにしても、それほど大きな金額の差ではないので、どちらでも良いのですが、

今回は、DC-930とTB-1は後々、日本の安いお店で購入するとして、

それ以外の機材をB & Hのショッピングカートに入れてみます。

宅配方法の選択

一番したのCountry(国)は日本なのでJAPANを選択。

CA-930は在庫切れみたいです。 別々に輸入すると送料が余計に掛かるので、

今回は、入荷してから一緒に送ってもらう(Ship all items together later)という項目を選択しました。

どの宅配サービスを利用するか(Choose a Shipping Method)では、

USP Worldwide SaverFedEx Priorityを選択できるようですが、

今回は安い方のUPS Worldwide Saverを選びました。

両方、空輸のようですね。届くのも早いみたいです。

注文確定と金額の確認

宅配方法を選択し、合計金額が7,092.75ドルと算出されました。

なんと日本円にして約560,398円になりました。

更に、今回B&Hのショッピングカートに入れなかったDC-930とTB-1を日本で購入したとすると、

合計金額は約564,398円!!!

日本で購入するとカメラ本体だけで569,000円のビデオカメラですが、円高の恩恵を受けると、

必要なアクセサリーのほとんどを購入したとしても、その金額以下に。

凄いな、円高。

今、B & Hのサイトはメインテナンス中(?)のようなので、

今日行えるのはショッピングカートに品物を入れるところまで。

アメリカの時間で、9:30PM(もうすぐですね)に決済システムも復旧するらしいです。