EDIUS 6 (米版)ならMXFファイルが扱える!?



EDIUS 5で扱うことができたMXFフォーマットだが、EDIUS 6から高額の「EDIUS 6 Broadcast」でしかサポートされなくなった。

EDIUS 6海外版は内容が違うらしい

しかし、grassvalley.comを見てみると海外のEDIUS 6ではMXFが扱えるような雰囲気の説明。

そこで試しに海外版のEDIUS 6を購入してみることにしました。

試しにAmazon.comから個人輸入

Amazon.com(アメリカのアマゾン)で調べてみると、価格も普通。むしろ円高のお陰で安い。

代引きはできないようなので、クレジットカードで購入(2012年5月11日)。

本当に使えるのだろうか…。非常に心配です。

到着したら試してみます。

Amazon.comから注文確認のメールが来て、到着予定日は2012年5月21日。

EDIUS 6(英語版)到着!

2012年5月13日、Amazon.comからEDIUS 6が到着しましたので追記します。

予定よりもだいぶ早い到着!

クレジットカードで支払いを済ませてあるのに、

どういうわけか、800円追加で取られました。消費税って何?よく分かりません。

前に本を購入したときは、掛からなかった気がしますが…。

宅配便のお兄さんに800円を支払い、荷物を受け取りました。

中身を空けてみると、間違いなく英語版EDIUS 6。

CROSS GRADE PACKAGE(乗換版)を購入しました。

裏の記述を見てみると、やはり、MXFフォーマットが使えそうな感じ。

XF305やXF300などCanonのフォーマットに対応しているということでしょう。

XF300で撮影したデータがあるので、試してみます。

その前に…

EDIUS 6の機能制御はUSBキーで行っている?

インストールする前に、武ちゃんさんのサイトで興味深い情報が公開されていました。

何と、日本語版の機能制御(MXFファイルが読めない等)は、EDIUS 6付属のUSBキーで行っているらしいとのこと。

つまり、パソコンにインストールされているEDIUS 6が日本語版であったとしても、

英語版EDIUS 6のUSBキーに差し替えただけで、機能の制御が外れて扱えるようになるということみたいです。

それでは試してみましょう。

まず最初に、日本語版のUSBキーが差さったままで、MXFファイルを読み込ませてみます。

やっぱり「ファイルの読み込みに失敗しました」となり、読み込めません。

次に日本語版に付属していたUSBキーをパソコンから外し、英語版に付属していたUSBキーをパソコンに差してみます。

問題なく読み込むことが出来ました。感激d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

おそらく、英語版も日本語版も、インストール用のディスクには差異がないのかな?と思います。

そうだとすると、これでほぼ機能はEDIUS 6 Broadcastと同等ということになります。

ちなみに、今回私が購入したのはEDIUS 6 Cross Grade Packageですが、

内容の説明は、トラストさんのサイトでも紹介されていました。