<h1~6>***</h1~6> 見出しを記述する



▼HTMLとXHTMLでの記述例

HTML <h1>***</h1>

<h2>***</h2>

<h3>***</h3>

<h4>***</h4>

<h5>***</h5>

<h6>***</h6>

XHTML HTMLと同じ

▼タグの解説

<h1>、<h2>、<h3>、<h4>、<h5>、<h6>タグの間には、見出しを記述します。 <h1>、<h2>、<h3>、<h4>、<h5>、<h6>の順にだんだん小さな見出しを意味するようになります。 見出しの上下には、多少のスペースが空き、見出しらしくなります。 ブラウザにより、見え方には多少の差があります。
<h1>~</h1>に関しては、最も大きな見出しを示すので、同じページ内に1つだけ記述し、2つ以上記述してはいけません。 2つ以上記述した場合は、ページの論理構造が不適切になるので、検索エンジンの評価が下がり、ホームページが検索結果の上位に表示されなくなる可能性があります。

▼使用できる属性と値

属性 解説
align left 見出しを左揃えに表示する。

(例) <h1 align=”left“>見出し</h1>

center 見出しを中央揃えに表示する。

(例)<h1 align=”center“>見出し</h1>

right 見出しを右揃えに表示する。

(例)<h1 align=”right“>見出し</h1>

共通属性 class, title, style, id

サンプルソース

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>サンプルページ</title>
</head>

<body>

<h1>1番大きな見出し</h1>
<h2>2番目に大きな見出し</h2>
<h3>3番目に大きな見出し</h3>
<h4 align="left">4番目に大きな見出し</h4>
<h5 align="center">5番目に大きな見出し</h5>
<h6 align="right">6番目に大きな見出し</h6>

</BODY>
</HTML>

</body>
</html>

▼サンプルページ

サンプルページを見る。

※上記のサンプルソースで記述されたHTMLファイルを、

お使いのブラウザでご覧ただけます。