<html> HTML文書であることを示す



<html>はHTMLファイルを作成する際に必ず記述するタグです。基本的にHTMLファイルの最初と最後に記述します。

▼HTMLとXHTMLでの記述

HTML <html ></html>
XHTML <html ></html>

HTMLであることを宣言するためのタグです。 このタグは、必ず記述します。 全てのコンテンツ(文書・画像等)が、<html>タグの間に挟まれるように、ソースの最初と最後に必ず記述します。 ただし、<!DOCTYPE>タ グだけは、<html>タグの前に記述します。 HTMLファイルは、拡張子は「.html」、「.htm」のどちらでも構いませんが、ファ イル内に記述する<html>タグは、<htm>と記述することはできませんので、注意してください。 この表記を誤ると、文字 化け等の原因になる場合があります。

▼サンプルソース

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 
<title>ページタイトル</title>
</head>

<body>

ここに記述した文書等が、実際にブラウザ上に表示されます。

</body>

</html>

サンプルソースを表示

※上記のサンプルソースで記述されたHTMLファイルを、
お使いのブラウザでご覧いただけます。