自動実行プログラム停止方法 Windows 7



Windows 7を使用していると、だんだんパソコンが重くなってくるという経験をする方も多いのではないでしょうか。

その原因の一つとして、様々な自動実行プログラムがメモリーを消費していることが上げられます。

自動実行プログラムとは、パソコンの起動と同時に、ユーザーの意思とは関係なく勝手に実行されているプログラムのことです。

このようなプログラムは、パソコンを長い間使用して行く間に、様々なプログラムをインストールする過程で増えていきます。

Windows 7で、これらのプログラムが自動的に実行されるのを防ぐための方法をご紹介します。

自動実行プログラムの停止方法

  1. Windows 7を起動する
  2. スタートメニュー(画面左下のWindowsのマーク)をクリックする
  3. 「プログラムとファイルを検索」という検索窓に「msconfig」と入力する
  4. 検索結果の「msconfig.exe」をクリックする
  5. 「システム構成」のウインドウが立ち上がるので「スタートアップ」タブをクリックする
  6. 自動実行を止めたいプログラム名のチェックマークをはずし、「適用」をクリックする  ※注意:動作を把握していないプログラム(よく分らないプログラム)は、停止しないようにしてください。

以上で、自動実行プログラムの停止は完了です。再起動を求められたら再起動をします。再起動すると停止したプログラムは、パソコンの起動時に実行されなくなっています。

もし、必要な自動実行プログラムを誤って停止してしまった場合は、再び「システム構成」の「スタートアップ」タブを開き、必要なプログラム名にチェックマークを入れて適用をクリックしてください。再度パソコンを起動したときには、チェックマークの入っているプログラムが自動的に実行されるようになります。

システム構成の検索