Arras Themeを日本語化する



WordPressのテーマ「Arras Theme」を日本語化する方法をご紹介します。

Arras Themeを日本語化するためには、

wp-content/themes/arras/language

の中に、日本語ファイルを自分で作成する必要があります。

まだ日本語ファイルが一般的に出回っていないようです…。(2011年2月25日現在)

日本語化の手順

手順1:「ja.po」と「ja.mo」ファイルの作成

まず最初に、ローカルディスクの下記のディレクトリを開いてください。

wp-content/themes/arras/language

デフォルトでは、「en_EN.po」と「en_EN.mo」という英語のファイルが入っていると思います。

これらのファイルを基に、新たに日本語ファイルを作成することになります。

まず、「en_EN.po」を開いてみましょう。

このファイルを開くには、Poeditというソフトウェアを使用すると良いでしょう。

Poeditのインストールが終わったら、Poeditを使用して、「en_EN.po」ファイルを開きます。

「en_EN.po」ファイルを開いたら、新しい名前を付けて「ja.po」として保存しましょう。

自動的にPoeditが「ja.mo」というファイルも作ってくれます。

手順2:「ja.po」の編集

「ja.po」と「ja.mo」ファイルの作成が終わったら、「ja.po」ファイルを編集します。

Poeditで「ja.po」ファイルを開くと、ウインドウの左側に「原文」、右側に「対訳」があります。

原文の英語を翻訳し、対訳に日本語で記述します。

記述したい原文をクリックして選択し、ウインドウの下の編集欄に、

原文に対応する日本語訳を記入します。

この作業を繰り返し、翻訳したい英語原文を日本語にします。

量が多いので、必要な部分だけ翻訳すれば良いでしょう。

手順3:保存とアップロード

翻訳が終わったら上書き保存し、サーバー上の

wp-content/themes/arras/language

にアップロードすれば日本語化は完了です。