パーマリンクの設定



パーマリンクとは?

パーマリンク(Permalinks)とは、permanent(半永久的)なlink(リンク)です。

WordPressの場合、パーマリンクはデフォルトでは以下のように表示されます。

http://masome.net/?p=123

123の部分は、個別のページに自動的に割り当てられているIDです。

このようなデフォルトのパーマリンクでも問題なくページは表示されるのですが、SEOを考えるときに2つの問題があります。

SEOに適したパーマリンクとは?

デフォルトのパーマリンクの1つ目の問題点

WordPressでパーマリンクをデフォルトで使用した場合の1つ目の問題点は、デフォルト設定でWordPressが自動的に吐き出すURLは、適当な番号であり、ページの内容とは全く関わりのない文字列であるという点です。

検索エンジンがサイトのURLに含まれるワードも、検索ワードとのマッチングに利用しているので、ページの内容に関連性の高い文字列の方が、SEOを考える上で、より良いといえるでしょう。

たとえば、下の「検索エンジン最適化」のGoogleの検索結果を見てみてください。

検索結果

「検索エンジン最適化」の文字列で検索していますので、それに関連性の高いサイトが上位に来ています。Googleでは、検索対象の文字列が、検索結果上に太字で表示されますが、注目すべきは、緑色のURLの部分です。URLに含まれる「検索エンジン最適化」も太字で表記されています。このように、検索エンジンはURLに含まれるワードもマッチングに利用しているのです。SEOのことを考える場合、URLが適当な文字列であっては勿体無いです。このURL内にもできる限り関連性の高いワードが入るようにするために、パーマリンクの設定が必要になります。

デフォルトのパーマリンクの2つ目の問題点

2つ目は、デフォルトのままだと、検索エンジンに動的なページとして見なされてしまう可能性がある点です。

「?」や「&」などが含まれるURLのページは、検索エンジンが動的なページであると判断してしまい、検索結果にインデックス化されにくいと言われています。動的なページではなく、静的なページであるように見せるために、パーマリンクの設定を変更する方が良いとされています。

パーマリンクの変更

パーマリンクの設定

WordPressにログインして「パーマリンク設定」を開くと、①デフォルト、②日付と投稿名、③月と投稿名、④数字ベース、⑤カスタム構造の5つの設定方法が用意されています。

ここでは、「カスタム構造」を選択し、自由に設定してみましょう。カスタム構造で使用できる全てのタグを見るには「パーマリンクの使い方」を参照してください。

お勧めの設定は、以下の通りです。カスタム構造のテキストエリアに入力します。

/%category%/%postname%/

このようにすることで、URLにカテゴリー名、投稿した記事名が含まれるようになります。

たとえば、今ご覧のこのページは、ブラウザ上で「http://masome.net/ウェブ制作/wordpress/パーマリンクの設定」と表示されます。(2011.02.22現在)

もし、同じカテゴリー内に同じ名前の記事がある場合、もしくは、今後その可能性がある場合は、投稿名を変更するか、少しURLが長くなってしまいますが、更に「%post_id%」(投稿番号)などを付け加えると良いでしょう。

パーマリンクの設定

保存と.htaccessの作成

パーマリンクの設定が終わったら「変更と保存」をクリックします。

.htaccess を更新する必要があります。

という表示が出た場合は、「.htaccess」を作成する必要があります。テキストエディタで「htaccess.txt」というファイルを作りましょう。内容は、「パーマリンク設定」のページの最下部に表示されるテキスト

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

を全てコピーし貼り付けます。このファイルをWordPressをインストールしたディレクトリにアップロード後、ファイル名を「.htaccess」とします。

以上で、.htaccessの作成は完了です。パーマリンクの設定が有効になります。

▼管理人の一言

動的なページが検索結果にインデックス化されにくいという話は、昔から言われていることですが、現在、動的に作られているページも多く世の中に普及してきました。検索エンジンの利用者としては、動的なページも検索結果にひっかからないと困ってしまうということを考えると、検索エンジン側も、このようなサイトを見落とすわけにはいかないと思います。徐々にサイトの制作者側で、それほど静的なページを意識する必要はないようになりつつあるのかなと思っています。実際に皆さんも検索結果に動的なページがインデックスされているケースも多く見かけるのではないのでしょうか。あくまで私個人の考えと体感ですが…。